コラム・資料

August 24, 2018

先日、クライアント企業さんにおいて、海外渡航する社員さんの対応をまとめたので、こちらでポイントを公開します。

*健康診断

派遣前の健康診断は労働安全衛生規則45条2に定める項目に準拠して行います。本法では、業務形態(駐在、出向、出張)にかかわらず、海外に6ヶ月以上滞在する者への健康診断の実施を事業主に義務付けています。健康診断の結果は英訳し、現地医療機関を受診する際に持参するよう指導します。

(以下は推奨)

悪性腫瘍の早期発見のため人間ドック的な項目

歯科健診

家族の健診

*携帯医薬品〜渡航前に自分用薬箱を作ろう〜 

海外の薬局で市販されている薬剤...

August 17, 2018

風疹が流行しています!!!

ポイントをまとめました。妊婦さんが妊娠初期に風疹にかかると赤ちゃんの7割が一生残る重い先天性の病気になります。職場での感染予防がとても大事です。

ぜひぜひ、読んでください。

ポイント
2018年7月下旬から関東地方で急速に風疹が増えています。お盆の帰省ラッシュにより、全国に拡大する可能性があります。
妊娠初期に女性が風疹に感染すると、赤ちゃんの7割に心臓、耳、目の一生続く重い病気が出てしまいます。
風邪のような症状と全身の湿疹が主な症状ですので、疑わしい場合には絶対に出社しないでください。
*病院に行く際、その...

July 21, 2018

週明けもひどい暑さになりそうですね。

職場における熱中症対策について書いておきたいと思います。

厚生労働省からの通達で、”暑さ指数”=WBGT を測定し、これに基づいて対策をとることとされていますが、そもそもこの入り口ハードル高いなと思うのです。

暑さ指数というのは、単純に気温だけではなく、湿度と輻射熱を総合して、熱環境が人体に与える影響を指数化しているものです。逆にいうと気温だけ測ると、体への影響を適切に推測できていない可能性が高いのです。

ちなみに、私がこの文章を書くにあたって想定しているのは、外での作業が前提の建設業ではなく、普段はオ...

September 18, 2017

産業医面談の事後措置では、人事労務の方とチームビルディングやマネジメントについての話題になることがあります。そんなニーズから、産業医として働くようになって読んだ部下育成系のおすすめ本を中心に、もう一度手に取りながらまとめました。

総論

***駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ) 単行本 – 2014/5/9 中原 淳 (著)

人事労務・管理職・マネージャー向けの本。

駆け出しマネージャー向けに書かれている本ではありますが、

p217 マネジャーを育成するために何ができるか

以降が、この本のとくに優れた...

August 24, 2017

主に今年読んだ抑うつ気分・セルフケア本のまとめです。今後も新しい本を読んだら更新していきたいと思ってます。

**うつの人の風呂の入り方―精神科医からの「自分で治すための」46提案 単行本 – 2017/3/1秋田 巌 (著)

微妙に興味を惹かれないタイトルと感じるのは私だけでしょうか?!汗 

しかし、長年精神科医として臨床で多くの患者さんを丁寧に見てこられた(しかもユング派精神分析家という精神科医の中でもだいぶ変わった経歴)の方のご著書だけあり、現実の生活の中で回復に役立つことを綴ってあります。

特にいいのは、いわゆる自責的な”うつ病”の方...

August 4, 2017

産業医面接でも診療においても、お勧め本をよく聞かれます。

本やワークショップなどを通じて病気や症状の知識を正しく得てもらうことで、半分治ったも同然!と、わたしは思います。心理学の世界では、正しく病気や症状の知識を得ていただくことを”心理教育”と呼びますが、ほんとうにこれだけで不安が下がりますし、無駄なエネルギーを減らすことができます。そんな理由から、分野ごとに読んだ本をまとめてHPに置いておきたいなと長年構想していたのですが、いよいよご紹介できる本のストックも増えてきたので、この夏とりかかります!

第一弾は睡眠本。睡眠の分野は年々新しい...

July 17, 2017

振り返ってみると7月上旬の読書は人事関係の本が多かったです。

というのも、

クライアント企業に伺って、”メンタルヘルス対策しましょう”となると、それってちょっと響きがネガティブですよね、となる。ではポジティブに”働き方改革を!”となると、”え、、、必要ですか?”と言われがち。そんなとき、
健康経営や働き方改革がなぜ必要なのか、なにから手をつけたらいいのか、を、きちんとデータをもとに咀嚼して伝えられるようになろう、という思いから本を選ぶ事が多い最近です。

人事系

1:御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社 (PHP...

July 2, 2017

6月下旬、一番印象深かったのは産経新聞社論説委員の河合雅司さんの”未来の年表”。ニュースフィードに流れていた http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51994 の記事を読んで興味を持ったもの。(上記読んでもらえれば内容の6割くらいが把握できる)

人事労務分野では前回に引き続きワークライフバランス社小室淑恵さんの”人生プレゼン術”。

メンタル分野では、引き続き産業医面接や診療においてクライアントにお勧めできる本を探す、という目線で読書しています。自称ネガティブクイーン細川貂貂さんの”それでいい”、作業療法...

June 18, 2017

人事労務の分野では、ワークライフバランスで有名な小室淑恵さんの労働時間革命、アマゾンで高評価だった南和気さんの世界最強人事を読みました。

産業医面接では認知行動療法のお勧め本をお問い合わせいただくことが結構あるので、6月上旬の読書リストは認知行動療法関係の本を中心にラインアップしました。

認知行動療法関係の本はほかにもたくさん出ているので、今後も読んで記録を残していきたいと思っています。*あと、認知行動療法はウェブ上のサービスも出てきているので、今後試用してみて、このブログで報告したいと思います。

1:労働時間革命 残業削減で業績向上!...

June 4, 2017

事労務の分野や健康についての本を中心に読書しています。とくに、メンタル関係はお勧めの本を聞かれることが多いので、ゆくゆくは疾患別にお勧め本レビューをまとめようと思っています!

1:フィードバック入門〜耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術 中原淳 PHP研究所 (2017/2/18)
--この手の本は”正論しか書いてなくて現場で使えない”と思わされることが多い中、学術的な話から具体的な声かけ例ナドナド手厚い一冊。精神科医としても、傾聴だけでなく耳の痛いことを伝えられてこそ一人前!と思うので、ぜひ手元に置いておきたい一冊。

2:...

Please reload

特集記事